金魚販売店様へ本日も金魚日和、広告枠のご案内

当サイトへの訪問者は、基本的に金魚に興味・関心が高い方のみですので、インターネット通販に力を入れているお店(店舗販売のお店でも大丈夫です)、これから金魚屋としてがんばる予定のお店に通常の広告とは比較にならない程、濃いお客様を集客できる可能正が非常に高い媒体となっております。よろしければ、下記の内容を参考に検討してみて下さい。

SPONSORLINK

金魚販売業者様、アクアリウム業者様への広告枠の販売開始

この度、本日も金魚日和では、アクセス数の増加に伴い、金魚販売業者様、アクアリウム業者様向けに本日も金魚日和の広告枠を販売することにいたしました。(広告枠の販売といいましても、実際は月3万円~の広告枠の月単位でのレンタルになります

当サイトのアクセス数・集客力は2017年7月6日現在、1日3000~4000人弱(UU)の訪問者、5000~7000アクセス(PV)、月間だと一ヶ月に10万人以上の訪問者、アクセス数にすると15万回~20万回のアクセス数になります。もちろん金魚好きが集まるサイトとしては日本最大級のものになると思います。最終的には月間100万PV(実績としてすでに私が運営しているメダカ販売サイトは月間100万PVを達成しています)を越える予定です。

本日も金魚日和へ広告を掲載するメリット

それでは、他の広告媒体やWebサービスに比べてどのような店が優れているのか具体的に説明していきます。まずは、ほかのメディアで広告をだした場合です。

紙媒体のメディアとの比較:アクアライフ

まずは紙媒体のメディアと比較してみます。アクアリウム関連といえば、まず、アクアライフなどがあげられますが、広告を料金を考えると、1ページまるまる広告を載せるとなると数十万円~の予算が必要となります。小さな枠でも数万円~は、費用がかかってしまいます。

アクアリウム好きに広告を届けられますが、発行部数が約10万部程度の雑誌のようなので、最高でも数万人程度の人数までの広告となります。その中で金魚ファンは、1割にも満たないと思われることから実質、数千人の金魚好きに見てもらえれば上出来です。また、雑誌広告から、ネットで検索してくれるか?ということで訪問者はますます減るはずです。貴社の紹介を数ページにわたり特集でもしてもらえない限りはまとまった数のアクセスは見込めないでしょう。

紙媒体のメディアとの比較:フリーペーパーや新聞広告

フリーペーパーや新聞は小さな広告枠なら数万円~で、広告を掲載することができますが、当然、地域の皆様にのみの広告になりますので、全国からお客様を呼びたい時や通販で金魚を売りたい場合は、ほぼ効果は無いといってもいいです。地域の人達に店舗まで出向いてもらい直販したい場合にのみ有効です。(それでも元を取るのはそうとう難しいと考えられるので定期的に広告を打つ必要があります)

TVのメディアとの比較:TV番組の取材

テレビ番組で取材してもらえれば、かなりの効果が期待できます。ただし、放送日とその翌日ぐらいまでしか集客は期待できません。全国ネットでTVCMを流せば大量のアクセスが期待できますが、その場合、貴社のホームページがアクセスに耐えられず、すぐにパンクするのと、そもそもTVCMに数百万~数千万以上の予算がないと話にならないのでまず赤字になると思われます。

紙媒体のメディアとの比較:金魚専門誌への掲載

金魚の専門誌なら、数万円~の広告費で濃いアクセスが期待できます。ただし、専門誌を読むような人は広告を打たなくてすでに自分で探して貴社サイトまできてくれている方もたくさんいると思われる為、新規のお客様を獲得するための大量アクセスは望めません。そもそも金魚の専門誌という時点で、アクアライフなどの発行部数と比べ多くても数分の一の発行部数しか期待できません。

Webメディアとの比較:楽天やアマゾン、ヤフオクへの出品

楽天やアマゾンなら、アクセスは期待できます。ただし、それはほんの一握りで、膨大な広告費とライバル達との価格競争に勝ち抜く必要があります。さらにシステム利用料や手数料だけでも10%以上は軽く取られます。多店舗経営となりますので、楽天の店舗運営やアマゾンの商品管理など各店舗への出品作業や店舗ページの作りこみ・改修・更新などの費用もかかりますし運営作業に追われることになります。

ヤフオクもたくさんの方に見てもらえ、販売という意味では素晴らしいツールとなりますが、やはり素人の出品者さんや多数のライバル業者との価格競争になる為、長く続けて利益を出すとなると、たくさんの商品を定期的に出品し続けなければなりません。写真撮影や出品業務だけでも大変です。もちろん、落札手数料もかかりますし、ライバルが多すぎて店頭販売の価格より高く売るのはよほどのことがない限りは無理でしょう。最低価格での出品で金魚を販売することになる可能性が高く効率が悪いです。

Web広告との比較:グーグルやヤフーへの広告出稿

お金をかければそれなりのアクセスは見込めますが、検索結果に出てくる広告などはテキスト(文章)だけの広告になりますので、ほとんどの人に素通り・無視されます。なのでお金をかけたとしても効率よくたくさんの集客するのは非常に難しいです。

本日も金魚日和へのバナー広告

上記の点を踏まえたうえで本日も金魚日和へバナー広告を掲載した場合のメリットを説明します。まずは、当サイトは主に検索からのアクセスになりますので、必然的に当サイトへ訪れる人は、99%以上ほぼ全員が金魚好きで、何かしら金魚のことを検索で調べている人達です。

すなわち毎日数千人規模の金魚好きに画像付きのバナー広告を見せることができるということです。仮にクリックされてなくても、月に15万回以上のバナー広告を見せることができますで、それだけでも貴社サイトを認知させる効果が期待できます。当然ですが、金魚飼育初心者、新規のお客様などの非常に購買意欲の高いお客様の集客が期待できます。上記の媒体、メディアとは桁違いの対費用効果が期待できるでしょう。

次にバナー広告なのでワンクリックで貴社サイトへと誘導できます。副次的な作用ですが単純に貴社サイトへのアクセス数が増えれば、貴社サイト自体もグーグルからの評価が上がることになりますので、貴社サイトの検索結果にも良い影響を与えるでしょう。(検索にひっかかりやすくなる、順位が上昇する)

もちろんその中から購入者、固定客、貴社サイトへ直接訪れるようになるリピーターも増えてくるはずですので、広告掲載を続けている限りは、貴社サイトにとって良い効果のサイクルが継続的に続くことになります。

効果を考えれば抜群に低価格で掲載可能!コストパフォーマンス最高!

2017年7月現在で広告費は広告枠の場所により変わりますが、最安値で3万円~最高額で8万円という価格で広告枠を月単位で販売予定です。フリーペーパーに広告をだす感覚で当サイトの広告枠にバナー広告をだせます。ほぼ全員金魚好きというとても濃いお客様を集客できることを考えれば激安価格となっております。

さらに、初回バナー広告の無料制作、2か月以上の契約で広告掲載サイトの紹介ページを1ページ無料で当ページ内に制作させていただきますので、そのページからも貴社サイトへのアクセスが期待できます。

今後広告枠により違いますが10万PV~15万PVの増加ごとに1万円といった感じで広告枠の価格を上げさせていただこうと思っています。また、フェイスブックページなども本格運用して広告主様のサイトを無料で宣伝させていただきます。フェイスブックページは、まだほとんどいいねはついていませんが、本格運用を始めればすぐに増えるものと思われます。(私の運営しているメダカのフェイスブックページだと1万いいね越えの実績が有ります)その他にも、広告主様の集客加速と売り上げ上昇のサポートできるサービスを考えています。

 販売する広告枠は、なるべく競合する業者がたくさん入らないように4枠~5枠で考えており、それ以上の広告枠を増やすことは現在考えていません。その為一度、広告枠に出稿するチャンスを逃すと空きがでるまで予約して待っていただくということになります。広告を考えている方はお早目の申し込みをお願いいたします。

実際の広告枠の場所と、販売価格はこちらを参考にして下さい。

スポンサード




金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる