金魚にエアレーションは必要?環境によって変わるんです!

エアレーション泡

金魚にエアレーションは必要なのでしょうか?金魚すくいでも飲食店などの水槽に入っている金魚でも必ずといっていいほどエアストーンからブクブクと泡がでてエアレーションをされていると思います。なので必ず金魚にはエアレーションしないといけないと思っている人は多いと思いますが実は必ずエアレーションしなければいけないわけではありません。エアレーションが必要な時となくてもよい場合・環境を考えてみましょう。

SPONSORLINK

金魚飼育にエアレーションが必要とされる理由

そもそもエアレーションとは金魚や水中の魚類等に酸素を供給するために行うものです。自然では、風が吹き水面から酸素が溶け込み、水草は光合成で酸素を輩出します。水も湧き出たり流れたりと絶えず動いていることがほとんどです。そういったことから絶えず酸素が供給されるので生き物は生活できます。

ですが水槽や水鉢に水をはっただけでは、水面もほとんど動きませんので酸素が自然に溶け込む量は圧倒的に少なくなり、金魚が生きていくには厳しい環境になってしまいます。また、金魚が糞、尿として排出する金魚に有害なアンモニアは水槽内の硝化バクテリアによる働きで金魚や生体に害の少ない硝酸塩へと変わります。その硝化バクテリアも酸素を好む為、エアレーションは有効となります。

金魚先生
水中に直接エアレーションする時はエアポンプとエアストーンなどが必要になるよ

エアレーションが必ず必要と思われる環境

金魚にとってエアレーションが必ず必要になるほどの環境とはどういったものでしょうか。いろいろありますので自分の環境と照らし合わせて考えてみてください。

水槽の開口部の面積が小さい

エアレーションをしていない場合、酸素は空気中から自然に取り込まれるものだけになります。そういう理由から飼育水が空気に触れる表面積が小さい場合は酸素が自然に溶け込む量も少なくなりますのでエアレーションは必須となることでしょう。

金魚先生
金魚鉢などの狭い容器の時はやっぱりエアレーションしてほしいな!

金魚の飼育数が多い

開口部の空気にふれる表面積が多かったとして金魚の飼育数が水量に対して多かった場合(具体的には一匹につき10リットルとも言われていますが濾過フィルターの性能アップなどにより解決もできますのであくまで目安)は、酸素が溶け込む量が金魚が消費する酸素の量に追い付かなくなるのでエアレーションをするべきでしょう。飼育者がいない時でも水面に向かっていつも口をパクパクしているようなら酸欠になっている可能性が高いです。お祭りの金魚すくいなどを見てみるとわかりますが大量の金魚が入っているので、やはりエアレーションなしでは酸欠になってしまいます。

夏場などで水温が上昇している

水温が上がると酸素が水に溶け込む量(溶存酸素量)が減ります。よって普段ならふつうに飼育できる環境でも水温もあがる夏になると酸欠になってしまう場合があります。夏の酸欠には十分注意してください。

エアレーションをしなくても金魚を飼育できる環境

上記のような環境とは違い、エアレーションの必要もなく金魚を飼育できるという環境もあります。いくつか紹介してみます。

濾過フィルターが水を循環させている時

濾過フィルターで水が循環している場合は、水面の水も動き酸素が溶け込み、水槽内でも酸素が溶け込んだ水が回っている為、エアレーションの必要がない場合があります。もちろんそれでも過密飼育の場合などは酸素が足りないことがありますので過信は禁物です。

金魚先生
水中濾過器などで水中から水面に向けて水を循環させてあげれば、水面から酸素が取り込まれるからエアレーションを容易しなくていい場合があるよ!

大きな開口部のある飼育容器で少数の金魚を飼育する

空気と触れる面積が広ければそれだけたくさんの酸素が水中に溶け込みます。大きな容器で小さな金魚を数匹程度の飼育なら自然に溶け込む酸素量で間に合うこともあります。もちろん、金魚自体が大きい場合などは数が少なくても大量の酸素を必要としますので念のためでもエアレーションをしておいた方が良いでしょう。

金魚先生
このぐらいの水面の広さならエアレーションしなくても、酸素がたりる場合もあるよ。ただし、飼育数が多かったり、一匹一匹が大きい場合はエアレーションしておいたほうがいいかもね。

光合成で酸素を排出できる植物がたくさん植えてある

金魚の飼育ではあまりないかもしれませんが、たくさんの水草が生い茂る水草水槽なら光合成をする水草が酸素をたくさん排出してくれるので当然わざわざエアレーションする必要はありません。むしろ、エアレーションをすることにより水草の光合成に必要な水中の二酸化炭素を減らしてしまう可能性がある為、エアレーションはしないほうがいいです。

ただ、水草といってもアヌビアスなど極端に成長の遅い水草などは酸素の排出量も少ないのでエアレーションはするべきでしょう。どちらにしろ水草の生い茂る水槽で金魚を飼育するというのが初心者にはハードルが高いのかもしれません。

屋外の飼育で風が水面を揺らしてくれる場所

まったくの無風状態なら屋外でも厳しいかもしれませんが、たいていの場合は無風ということはなく風が水面を揺らしてくれます。金魚を入れすぎず、大きな容器でゆったりと飼育することができればエアレーションは必要ありません。こういった飼育方法ができるので金魚は屋外でのビオトープや水鉢での飼育が可能になります。日本の淡水魚である金魚やメダカならではの楽しみ方ですね。

エアレーションをした場合のデメリット

エアレーションをすることによるデメリットも皆無というわけではありませんので書いておきます。まず、飼育者に対するデメリットですが、エアレーションをする場合はエアポンプが必要になるということです。エアポンプはそれなりの音がでますので気になる人には気になるはずです。

エアポンプの騒音の対処法としては床に置かずに吊るしたり(床に置くと振動でとてもうるさい)することでもだいぶ差がでてきます。他にささやかなことかもしれませんが、エアストーンを換えてみたり、分岐弁やコックをつけてエアの量を調節するというのもいいでしょう。

ほかには稚魚に対する物理的なダメージです。小さな金魚の稚魚にエアレーションしてしまうと弾ける泡によりダメージをうけることがあるとも言われています。稚魚の水槽で飼育したい場合は泡の小さなエアーストーンに変えてみるなどの工夫をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょか?実際、エアレーションが必要か?と聞かれると飼育する環境次第でエアレーションを使用せずに金魚を飼育する方法や環境はいくらでもあります。書いている私も実際は水中濾過フィルターで水を循環させているだけでエアフィルター、エアポンプは使用していません。

最期にこういったことをいうのも何ですが、実はエアポンプでエアレーションしているより、水面が波うって水中に溶け込む酸素の量の方が圧倒的に多いともされています。

とはいえ、酸欠が心配という方は少しのデメリットに我慢すればいいだけですので、エアレーションをしている方が飼育者の精神衛生上も良いでしょう。エアレーション使用の有無はよく考えて決めましょう。考えても決めきれない、わからないという方は、エアレーションしておくことをおすすめします。エアレーションをやめたい!という方は金魚の数を減らし、過密飼育をやめたほうが効果がでるのかもしれませんね。

スポンサード




金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる