金魚がひっくり返った‼転覆病の原因と治療

転覆病の金魚

ある日、金魚がひっくり返った!?転覆病は金魚やメダカ、熱帯魚でもいろいろな魚で見られる病気で、上の画像のようにお腹を水面に向けてひっくり返り金魚が通常通り泳げなくなる病気です。知らないと発病した時にとても焦るかもしれませんがちゃんと仕組みを理解しておけばそんなに慌てなくても住む場合もあります。それでは、転覆病について紹介してみます。

SPONSORLINK

転覆病について

それでは転覆病について詳しく知っていきましょう。

琉金やピンポンパールなど体の丸い金魚は特に注意!

転覆病の原因

転覆病にかかってしまう原因はいろいろあります。もっとも多い原因が金魚の餌やりに関するものです。具体的にどういった餌の問題が転覆病につながるのかというと、1.餌の与えすぎ、2.古い餌を使用している、状態の悪い餌を与えた、3.消化の悪い餌を与えてしまった、4.餌を与えた後に急な水温の低下があった、といったことが原因となることが多いようです。

この問題に関しては餌や飼育環境に気をつければ解決できる問題ともいえます。次にエア食いという、水面で口をパクパクしているあの行動に問題があるとも言われています。水面に浮いていてる餌を食べる姿を見たことがあると思いますが、金魚は浮いている餌を食べる時、餌と一緒に空気ごと吸い込みます。その空気を吸い込むという行為が問題ともされています。

転覆病についての参考動画

転覆病にかかるとどうなる?症状は?

転覆病の症状は上記の動画の通り、金魚が水面に上を向けてひっくり返り普通に泳ぐことができなくなります。発症するとなかなか治りにくい病気で症状が悪化する前の初期症状で、飼育者が気づいてあげることが重要です。

転覆病の初期症状は、夕方から夜間にかけて水面近くにぷかぷかういてくるようになり、泳いでいないと水面に浮いてくるというような状態になってきます。そのまま症状が進行していくと金魚が斜めにしか泳げなくなってきて、最終的には水面付近でひっくり返る転覆状態になります。そうなってしまうと水中に泳いでいでいこうとしてもぷかぷかと浮いてしまい、餌をとるのも困難になってきますのでそれが原因で死んでしまう場合もあります。

琉金や、ランチュウ、ピンポンパール、メダカでいえばダルマメダカなど、丸い体型をした魚は特に発症しやすいです。

金魚が転覆病にかかった場合はどう対処すればいい?治療法は?

一般的な転覆病の治療方法について説明していきます。

まずは、水温が高い容器へと隔離してみる

実際に私が飼育しているピンポンパールや、琉金も秋から冬への季節の変わり目に完全な転覆病を発症したり、転覆病の兆しが見えたことは何度もありました。幸い私の場合は、飼育水槽を移動し、水温の高い水槽に隔離し、絶食させておくだけで症状は改善されました。

それでも転覆病が治る兆しがない場合は以下の様な本格的な治療を考えていきましょう。

絶食させて塩水浴をさせる

まずは、転覆病を発症した金魚をバケツやタライなど別の容器に隔離するようにしましょう。隔離した後は0.5%程度の塩水を使用して塩水浴させることになります。(0.5%の塩水浴とは水1リットル対し、塩が5グラムの塩水です)それから、ヒーターを使用して水温を徐々に上げていきましょう。

もちろん急激な水温の変化は金魚に大きな負担をかけることになりますので、できれば1日1~2度ずつ、少なくとも一気に5℃以上水温をあげるようなことは避けた方が良いです。治療をしていると、水温が上がることによって、金魚の消化不良が解消されお腹にたまっていた、転覆病の原因になる糞やガスが排出されていきます。

糞が排出されたら水質の悪化を防ぐために、こまめに取り除くようにしましょう。また、治療中は水質や水温を一定に保つように水換えを行い、水温が25℃で塩水の濃度が0.5%の状態を保つようにしましょう。

やっぱり塩は手放せない!


転覆病を予防するには?

転覆病を予防するにはいくつか気を付ける点がありますので知っておいてください。

冬が近くなってくると餌の量を減らす

やはり餌の消化不良でガスや糞がたまることにより転覆病を発症するというこが多いということで、水温が下がり金魚の活性、内臓の消化機能が低下してくる水温の下がってくる時期には、たとえ金魚が餌を欲しがっているとしても餌を控えめにするということは大切です。

ヒーターを入れて水温を保つ

ヒーターを入れることにより、そもそも水温を下げないということもいうこと有効です。消化不良によるガスだまりなどが原因の場合は、水温の低下を防ぐことで金魚の消化機能の低下を防ぐことができます。

水温を下げずに転覆病から守ってね

エア食いが原因と考えられる場合

金魚のエア食いが転覆病の直接の原因になるというのかは別として、予防としての方法を書いておきます。金魚が水面で餌を探してパクパクして空気を吸い込むエア食いですが、水面に浮遊するタイプの餌ずっと与えていることによりこの癖がつきやすくなるともされています。これを防ぐには(完璧に防げるとは思えませんが)餌を浮遊性のもの意外に沈下性のものも与えるようにして餌が水面にあるという認識を金魚にかえさせるということです。金魚に癖がつく前に沈下性の餌も与えるようにしておくと(または沈下性の餌に切り替える)有効かもしれませんね。

転覆病について:まとめ

転覆病は発症したからすぐに死んでしまうというような病気ではありませんが、やはり、餌もとりにくくなりますし、ひっくり返っているとお腹が乾いてきたりして死んでしまうという場合もありますので早めに初期症状を発見して早めの治療を心がけるようにしましょう。

スポンサード




金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる




転覆病の金魚

役に立ったらシェアしてね!