金魚の水カビ病の症状と治療の方法!焦らないで最善の治療方法を見つけよう!

金魚の病気

金魚の病気で水カビ病というものがあります。(もちろん金魚だけではなくメダカでも熱帯魚でも魚類ならほかの魚も感染します)これは金魚がかかる病気の中でも比較的よく感染する病気だと思います。ただ、そんな水カビ病も治療方法や原因などを
きちんと理解しておかないと可愛い金魚を死なせてしまうことになります。というわけで今回は、金魚の水カビ病の原因や治療方法などについて紹介してみます。

体にカビが・・・・
SPONSORLINK

金魚が感染する水カビ病とは?

水カビ病とはどんなものでどんな症状を発症するのか紹介してみます。金魚の水カビ病は水カビ科真菌とよばれる、魚類が感染する感染症のことで、細かくいうと感染した細菌の種類により、綿カビ病とされたり、アファノマイセス病なんていう難しい呼び名で呼ばれることもあります。

水カビ病の症状ですが、水カビという病名のとおりなんですが、金魚の体やヒレにに白いカビのような、綿のようなものが付着しているといった症状が見られます。最初は金魚の体に部分的に見られるかもしれませんが水カビ病の症状がそのまま進行していけば金魚は衰弱していき、いずれは死に至ります。水カビ病に限った話しではありませんが放っておくと良いことはありませんので治療方法を知っておきましょう。

金魚が水カビ病を発症する・感染する原因

水カビ病が発生する原因なんですが、先ほどもいいましたように、簡単にいうと水カビ病を発症させるもとになる水カビ科真菌です。と、まあそれは分かってもらえていると思いますので、どういったことが原因で水カビ病を発症しやすいのかということを簡単にですが紹介してみます。

水カビ病の原因となる細菌は、多少なりとも水槽の中に常駐している細菌で、金魚がケンカや水槽内の石など、アクセサリーで体を傷つけたりすると、外傷部分から水カビ病の原因となる菌が入り込み水カビ病に感染し発症するとされています。また、水質悪化などにより弱った金魚などもやはり発症しやすいようです。

金魚の水カビ病を治療しよう!薬浴など

金魚が水カビ病を発症したのを見つけた、ごく初期の段階であれば、水温を上げて原因となる水カビ病の菌の繁殖をおさえるという方法も有効です。水カビ病に限りませんが、金魚が病気にかかるとき病気の原因になる菌が繁殖できない・繁殖しにくい水温というものがある場合があり、水カビ病の場合はその水温が約25℃と言われています。本当に水カビ病の発症初期の症状なら、ヒーターを使用して水温を上げてしばらく経過観察してみるというのも一つの手段かもしれません。

次にピンセットなどで、水カビを除去してあげるというのも初期症状なら悪くないでしょう。水カビ病はその名のとおり、金魚の体表を覆うようにカビが繁殖して菌糸を伸ばしていきます。初期にピンセットで除去してあげれば完全除去とは言えないまでも、進行を遅らせたりという効果はあるはずです。(金魚の体に傷をつけにくいという意味ではピンセットなどより、綿棒がいいという意見も!)

さて、いよいよ薬浴となるのですが使用する薬はというと、グリーンFやニューグリーンF、エルバージュ、リフィッシュなどがおすすめです。金魚の病気というと塩浴なども思いつくかもしれませんが、塩浴は金魚の体力を保つのには有効かもしれませんが、今回のような場合は根本的な解決という意味ではおすすめではありません。それより、薬にはもともと塩分も含まれているのでそちらを使用するべきだと思います。また、できる場合はですが、患部に薬を直接塗るという方法も有効です。

薬浴をする場合、そのままの飼育水槽で薬浴をおこなってしまうと、飼育環境を安定させているバクテリアにダメージを与えてしまうので隔離して薬浴するのがおすすめです。その場合は、水温は飼育水槽と同じに維持するか、水温を25度程度にするのもよいでしょう。(理由は先ほど述べた通り)エアレーションもできれば行い、餌をごく少量与えるか、または絶食させて2~3日様子をみましょう。

回復したようならば水合わせしながら飼育水槽に戻せばよいし、まだ時間がかかりそうなら、隔離水槽の水を水換えしつつ回復を待ちましょう。

水カビ病の治療、参考動画

金魚の治療ではありませんが、オイカワの水カビ病の治療をしています。ちなみにこの方は、ピンセットで水カビを除去し、直接薬を塗るという方法をとったようです。
その水カビ病は見事に回復されたようですが、素手で魚を触ってることなんかで非難のコメントを受けてますね。あくまで参考ということで・・・ご覧ください。

水カビ病に感染させない為の予防方法

先ほどは、水カビ病の治療を先に行って水槽に戻すような言い方をしてしまいましたが、そのままでは、水質の良くない水カビ病に感染した飼育環境に戻してしまうことになるので、治療した金魚を水槽に戻すまでの間に、水槽の掃除、水換えを行っておきましょう。

水カビ病を発症したということは、水質が悪化している可能性もあり、低床に水カビ病の菌を増やす原因になる餌の残りかすなどのゴミがたまっているかもしれません。
この機会に低床掃除と飼育水の水換えぐらいはやっておくほうが再度、水カビ病を発生させない為の予防・対策にもなります。また、外傷からの水カビ病の感染であれば水槽内に金魚の体やヒレに傷をつけるようなものがなかったか考えてみましょう。

金魚の水カビ病の症状と治療の方法!:まとめ

さて、水カビ病について少しでも理解していただけたでしょうか。この水カビ病というのは当然、金魚だけではなく、メダカでも熱帯魚でも、そのほかの観賞魚でも発症する病気です。皆さまの金魚(観賞魚)の命を救う手助けに少しでもなれれば幸いです。

スポンサード




金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる




金魚の病気

役に立ったらシェアしてね!