金魚の飼育に重要なバクテリアとは?金魚と濾過バクテリアの関係を知る

金魚濾材のアップ

皆さんは、バクテリアって言われて何を思い浮かべますか?普段生活していてバクテリアのことを真剣に考えることなんて殆ど無いかもしれませんが、金魚の飼育やアクアリウムをやろうという人にはバクテリアというものを知ることは基本といっていいぐらい大事なことですよね。知らない人は、ぜひ、この機会にアクアリウムにおけるバクテリアとはなんなのかということを知っておいてください。

SPONSORLINK


金魚の水槽におけるバクテリアの役割とは?

金魚を飼育しているうちに、いろいろ覚えてくると早いうちにバクテリアが金魚の飼育には重要という話を聞くことになると思います。それでは金魚の飼育になぜバクテリアが関係してくるのか考えてみましょう。

金魚の飼育にはどういったバクテリアが必要?

金魚の飼育に必要な(自然と繁殖すると思いますが)バクテリアとはどういったものでしょうか。

金魚の飼育に重要な好気性バクテリアとは?

金魚のバクテリアを知っていくうちに好気性バクテリアという言葉がでてきます。まずはこの好気性バクテリアとは何なのかというのを簡単に説明してみます。好気性バクテリアを簡単に言うと金魚を飼育している(金魚じゃなくほかの観賞魚でも自然でも役割は同じだと思いますが)時に使用するスポンジや底砂、濾過フィルターなどに棲みつき水を綺麗にしてくれるバクテリアのことです。

魚が糞などの排泄物をした時、水槽内にはアンモニアが発生することになります。水中に排出されたアンモニアは毒素が非常に高く、アンモニア濃度が高くなるとアンモニア中毒などになり魚は生きてはいけません。そのアンモニアを分解してくれるのが好気性バクテリアで、分解してくれることにより、分解されたアンモニアは亜硝酸に変わります。

アンモニアから分解された亜硝酸も毒素はあるのですが、その亜硝酸も好気性バクテリアが魚には比較的、害の少ない硝酸塩に分解してくれます。これだけでも好気性バクテリアがどれだけ重要な存在かわかっていただけると思います。この好気性バクテリアは酸素の多いところを好みます。

新しく金魚の飼育水を作る際、エアレーションを数日から回ししておいた水を使用したほうがいい言われるのは、底砂や空気中などの、自然にいる好気性バクテリアをもとにして飼育水、飼育水槽の中に先に好気性バクテリアを増やしておくという狙いがあります。それでは、次は嫌気性バクテリアについて簡単に説明してみます。

バクテリアも色々あるんです!

嫌気性バクテリアをとは?

先ほどは好気性バクテリアについて説明しましたが、嫌気性バクテリアが行う役割は少し違います。好気性バクテリアがアンモニアを硝酸塩に分解してくれるということを先ほど書きましたが、嫌気性バクテリアは硝酸塩を窒素に変え、空気中に放出するというすごい働きをしてくれるバクテリアです。

ここまでバクテリアが行ってくれれば、水質がずっと安定してくれそうな気がしますが、(実際に絶妙なバランスが保てればほとんど濾過器無しの足し水だけでOKになるようです)そううまくはいきません。好気性バクテリアと嫌気性バクテリアとでは生息域が違うからです。先ほどもいいましたが、好気生バクテリアは酸素を大量に含む場所で繁殖し、嫌気性バクテリアは酸素濃度の低い場所で繁殖し住み着きます。

底砂を厚くすると嫌気性バクテリアが増えてくるということもよく聞きますがこれは、底砂が厚いことにより、底面の底砂の中に酸素が回らない、低酸素状態の場所ができるからだと思われます。比較的簡単に繁殖してくれる好気性バクテリアに対して、相反する場所を好む嫌気性バクテリアをバランスよく棲みつかせるのは難しいため、通常は、好気性バクテリアにアンモニアを硝酸塩にしてもらったら、硝酸塩は水換えによって排出するというのが一般的です。

よく水換えの時、水を1/3だけ入れ換えるというのは、硝酸塩の排出が主な目的で、すべて換水しないのはせっかく住み着いた濾過バクテリアを水槽内に残すためです。同様の理由で、濾過フィルターを洗う時はカルキ入りの水で殺菌しないように、飼育水で洗ったりする必要があります。

水槽のリセットをする場合は、濾過バクテリア達も捨ててしまうことになるので一から金魚の飼育環境を作り直すということになります。

バクテリアが金魚とその飼育環境に与える影響

バクテリアがいない水槽と十分にバクテリアが繁殖して棲みついている水槽を比べると歴然とした違いがでると思います。バクテリアができていなければ、金魚の排泄物からでるアンモニアや餌の残りから発生する物質など有害な物質が水中にどんどん蓄積されていくことになります。もはや、金魚を飼育する際に水槽を濾過してくる濾過バクテリアは金魚とは切っても切れない関係ともいえます。

水槽が立ち上げる、水を作るという言葉の意味

こちらはこの言葉を使用する人で個人差はあるとは思いますが、簡単に言うと、水槽を立ち上げるというのはバクテリアなど生物濾過が効くような環境を作るという意味で使われていることが多いと思います。飼育水を作るというのも少し違いますが、濾過バクリアのいる水を作る(詳しく言うともっと複雑な話だと思いますが)といった意味でも多く使われています。

最初からバクテリアがいるなんてありがたいよね~!

下記のような濾過バクテリアのついた状態で販売されている商品を使えば、水槽の立ち上がりをさらに早くすることもできるでしょう▼

バクテリアができていても水換えはするべき。水換えの目安は?

屋外飼育で飼育環境と好気性バクテリアと嫌気性バクテリアが絶妙なバランスで成り立ち、蒸発した分の水を足しているだけで金魚が何十年も生きていけるという環境も稀にあります。ただし、ほとんどの場合はそのようにバランスがとれているということはありませんので水換えをする必要がでてきます。水換え時期のサインについて書いておきます。

金魚の水換えの回数の記事について

水槽の水が濁る

金魚水槽の水が濁って透明度がなくなってきている場合や、急に水の色が白く濁ってきたという場合は、濾過バクテリアが水質を維持できる範囲を越えて環境が崩壊してきています。前述したように一部の場合を除いて、いくら濾過しているといっても水換えも濾過器のメンテナンスもせず放っておけば水が濁ってくるのは当たり前です。そうなったらすぐに(できれば濁ってくる前に定期的に)水換えを行いましょう。

水が臭くなってきた・・・

金魚の飼育水が臭くなってきた場合は要注意です。エアレーションをしてなかったり、水中に酸素が足りない状態になると好気性バクテリアではなく嫌気性バクテリアのほうが増殖してきます。嫌気性バクテリアが増殖するとどぶ川のような悪臭がしてきます。好気性バクテリアではなく嫌気性バクテリアが繁殖している状態は金魚には危険な状態ですので水換えを行いましょう。

金魚が病気になる、金魚に異変がでてきた

金魚が水面に向かって口をパクパクするようになったり、エアレーションをしている場合は泡の切れが悪くなったり、泡がいつまでも水面に残っている場合、糞や餌の残りが分解されずにずっと水槽内に残っているようならもう水換えをするべきです。もちろん、金魚に病気になったり、行動に異変がでた場合もです。(このタイミングでの水換えはだいぶ手遅れですが、この状態で水換えをしないとさらに深刻な状態になります)

一刻も早く水換えを・・・・・

金魚水槽にバクテリアを発生させるにはどうすればいい?

それでは、水槽の立ち上げ時に、バクテリアを繁殖させるにはどうすればいいのか簡単に説明してみます。濾過バクテリアは通常、あまり考えずとも空気中を漂っているものや、低床などに付着しているものが自然と水槽内に入り込み水中で繁殖します。その時、バクテリアの餌となるのがアンモニアです。

よく、エアレーションをから回ししておくという言葉がでてきますが、こちらは好気性バクテリアに必要な酸素の多い環境を作り好気性バクテリアを繁殖させるという意味があります。そしてこれもよく耳にする(耳にすることになる)と思いますが、パイロットフィッシュを水槽の立ち上げ時に泳がせておくということです。

パイロットフィッシュはアカヒレなどの丈夫な魚をまず一匹だけ泳がせておくのですが、この意味にはパイロットフィッシュとされている魚の排泄物から排出されるアンモニアを利用して好気性バクテリアの繁殖を促すという重要な意味があります。

したがって金魚水槽の立ち上げ時に、バクテリアを発生させるには、数日エアレーションをから回しした水にアンモニアを排出する元となるパイロットフィッシュ(貝などでもいいようです)を投入しておくとある程度、効率よく濾過バクテリアを水中に繁殖させておくことができます。この工程を経ることで金魚の飼育初期の水槽の立ち上がりの速さ、水質の安定度が変わってきますのでぜひやってみてください。

とはいえ、最初の一週間などは特にバクテリアが安定していないので、毎日20%程度の換水などを心がけておくとなおよいです。

初心者はこういったものを使ってくれてもいいけど、道具に過信は禁物ね

この商品は、バクテリア入りの水とバクテリアの付着した石をセットにしたもので、初心者が小さい飼育容器で金魚飼育を始めようとする水のできあがってない状態に有効ですね▼

市販のバクテリア繁殖剤などの効果について

バクテリアの液などは、はっきりいってしまうと特別に入れなくても良いものともいえますが、入れた方が良い結果を得られる場合もあります。(特にアクアリウム初心者・金魚飼育初心者が水槽を立ち上げる場合)数日水槽の立ち上がり(濾過バクテリアの繁殖)が早くなったという声もあります。

ただし、バクテリアなんて自然に増える、増やすもので外部からいれるバクテリアなんて入れる必要はないという意見や、そもそも市販のバクテリア液には効果のない粗悪品もあるという意見もあります。

個人的には、まったくバクテリア液や水質調整剤をまったく否定する気はありませんが水質調整剤や市販のバクテリア液などを否定する人の意見を聞いているとそれもそうだなと思います。ということなのでこうった商品はアクアリウムの初心者が使用したり、熟練者が経験と知識から裏付けされた持論をもとに使用されるものだと思います。

熟練者(アクアリウムの知識の豊富なベテランさんやプロショップの方)には言うまでもありませんが、アクアリウム初心者も自分が使用しようとしている商品の働きを少しは理解しておいた方が良いでしょう。理解せずに使用していると本当の効果が引き出せていなかったりマイナスの効果になってしまう可能性もありますよ。

カルキ抜きとバクテリアは金魚飼育の基本中の基本ですよ!

金魚とバクテリアの関係:まとめ

金魚とバクテリアがいかに密接に関係しているか少しはわかっていただけたでしょうか?これを理解しておけば濾過器や濾過フィルターの選び方、低床・底砂の選びの考え方の材料にもなるのではないでしょうか。それでは長くなりましたが最後まで読んでいただいた皆さまありがとうございました。少しでもこの記事が金魚飼育(熱帯魚や日本メダカ、そのほか淡水魚の飼育)のお役に立てれば幸いです。

スポンサード







金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる
 




金魚濾材のアップ

役に立ったらシェアしてね!