玉サバってどんな金魚?玉サバの飼い方と特徴!

玉サバ

あなたは玉サバという金魚を知っていますか?玉サバというと初心者にはあまり馴染みのない金魚ですが実は奥が深く、いろいろな特徴があります。少々マニアックな部類な金魚かもしれませんが紹介してみます。

SPONSORLINK

玉サバという金魚の特徴

玉サバは日本原産の金魚で琉金型の体ですが尾鰭はコメットのような吹き流し尾になっています。そのため、琉金型の体型であるにもかかわらず、泳ぎは和金型の金魚のようにとても上手です。大変、大型になり鯉と泳げる金魚としても知られています。

鯉と泳げる金魚として誕生しました!~玉サバ誕生の歴史~

鯉と一緒に泳げる金魚とよく言われる玉サバですが、もともと、錦鯉の原産地として知られている新潟県の養鯉業者が本当に錦鯉と泳げる金魚を目指して作出されました。鯉と泳げる金魚ということで池で飼育され、上見で観賞されることも多いですが、横からみてもその体型とヒレは見事で横見でも非常に美しい更紗模様の玉サバも作出されています。

琉金と庄内金魚の交配種とも玉サバの交配種が庄内金魚とも言われています。江戸時代から続くような他の地金に比べると新しい品種の金魚ともされています。この金魚が作出された新潟県では琉金を越冬させることが難しく、越冬させるための耐寒性を持たせる為、琉金と庄内金魚を交配させサバ尾という玉サバの原型になる金魚が作出されました。そのサバ尾の中から体が丸く尾びれが長いものを累代にわたり選別して固定したものが現在の玉サバと言われるものです。庄内金魚と交配しているせいか、まれに体の長い個体も生まれてきます。

玉サバ作出には、ほかの役割もあったようで、金魚を鯉と同じ池に話すことによって、錦鯉の寄生虫の予防・駆除の目安ともされていたようです。金魚と錦鯉では金魚のほうが寄生虫が付きやすく、金魚を調べることによって錦鯉への寄生虫駆除への目安にもしていたようです。

庄内金魚とは?

山形県の庄内町で作出された品種で津軽錦という金魚とともに東北の地金とされています。コメットよりやや丸みを帯びた体に長い尾鰭が特徴です。親魚になると各ヒレが伸長して振袖のように見えることから振袖金魚とも呼ばれる美しい品種です。

玉サバからの派生した品種の金魚たち

玉サバから派生した金魚たちをいくつか紹介しておきます。

玉錦(タマニシキ)

玉サバの透明鱗から作出、固定されたもので他の透明鱗の金魚のように赤みが濃い、白と赤との対比がとても美しい品種です。

福だるま

玉サバの丸手体型を際立たせたもので一般的に尾鰭が短いものも同じように福だるまとされていますが、本来の福だるまは普通鱗の長尾だそうです。玉サバの中でのブランド金魚とでもいうような存在で、福ダルマは富山県の宮島養魚場が30年もの時間をかけて作出された究極の丸型金魚とされています。

玉サバと変わらないのではないか?ということでは、実際に玉サバから丸い体を追求して作られたものなので特徴は玉サバと変わりません。要は特に丸い体を追求した玉サバの宮島血統というブランド金魚ということです。よって福だるまとして認められるには厳しい条件があるとのことです。

キャリコ玉サバ

玉サバのキャリコ模様の品種で流通している量が少なく希少な品種とされています。

玉サバを飼育する際に

玉サバは前述したとおり、とても大きくなる品種で大きくなると40センチをこえることもあり、実際に錦鯉と混泳させることも可能なようです。大きな水槽で数を少なめにし、ゆったりと飼育することでより大きな個体へと育てることができます。耐寒性もありますので成長したら屋外で大きな個体を目指してみるのもいいですね。

まとめ

玉サバ作出の経緯だけ聞いていると何か変わった形で作出された金魚のような気もしますが、玉サバ自体非常に美しい金魚ですのでぜひ、立派な個体に育ててみてください。

スポンサード




金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる




玉サバ

役に立ったらシェアしてね!