シンプルなのに奥が深いスポンジフィルターの仕組みや使い方、おすすめのスポンジフィルターは?

スポンジフィルター

金魚にしろ、熱帯魚にしろ、観賞魚を飼育しているのなら必ず見たことがあるスポンジフィルター。たかが、スポンジフィルーと思うかもしれませんが、形も性能も様々です。自分にあったものをみつけてみましょう。メインの濾過フィルターにもサブの濾過フィルターにも大活躍してくれますよ(^^)

SPONSORLINK

スポンジ フィルターの仕組みってどうなってるの?

一般的なスポンジフィルターの仕組みは、とても簡単でフィルターの中でももっとも手をだしやすい部類のフィルターです。濾過の仕組みとしは、まずエアーポンプから、濾過フィルターとなるスポンジにエアーを送り上昇する水流を発生させます。

水流を発生させることにより、スポンジフィルターから水が吸い込まれ、濾材となるスポンジで濾過されるという仕組みです。一見、物理濾過だけのように見えますが、スポンジに棲みつくバクテリアによる生物濾過の効果も期待できます。

スポンジフィルターを使用するメリットとデメリット

スポンジフィルターは簡易でシンプルな作りですが、アクアショップなどではお馴染みのフィルターで、気にしてじっと見ているか、見ていないかの違いはあると思いますが、皆さんみたことがない人はいないのではないでしょうか。

スポンジフィルターのメリット!

スポンジフィルターはお手軽で人気の濾過フィルターであるにはそれなりのメリットがあります。それでは、スポンジフィルターのメリットについて考えてみましょう。

設置も、仕組みも簡単!コストパフォーマンスも高い!

底面濾過フィルターや、投げ込み式フィルターも簡単な仕組みですが、お手軽度でいえばスポンジフィルターは投げ込み式フィルターなどと並び、トップクラスに簡単な仕組みです。設置が簡単でパーツも少ない為、価格も安く、低価格でも各メーカーから発売されているため、初期費用も安く抑えられ、様々なメーカーから選択することができます。それだけ人気の濾過フィルターということですね。

スポンジフィルターは他の濾過フィルターとの組み合わせが簡単!

スポンジフィルターの仕組みはスポンジフィルター自体で濾過をする簡単なシステムですが、要は水流を作りスポンジを通過させればいいだけです。ですので外部フィルターなどの吸い込み口にスポンジフィルターを装着するだけでも十分に機能します。

そのため、外部フィルターで大きなゴミを取り除く物理濾過として装着している人も多いでしょう。掃除が面倒な外部濾過フィルターに大きなゴミを吸い込ませなくてすむようになる為、外部濾過のメンテナンス(掃除)の感覚が伸びたり、濾過能力がアップしたりとお手軽なのにいいことだらけです。もちろん、吸入口に装着しただけで生物濾過の恩恵も受けることができます。

下の動画では外掛けフィルターとテトラのブリラントスポンジを組み合わせています。稚エビの吸い込み防止という意味でやっているようですが、もちろん濾過能力アップという効果もあるでしょう。


エアレーションのついで感覚で使える!

金魚に限らず、観賞魚を飼育する場合、何らかの形で水槽にエアーを送るエアレーションをすることになるでしょう。一番一般的なのはエアポンプからエアーを送り、エアストーンからエアーの泡をだす方法でしょう。

もちろん、エアレーションが目的ならそれだけで十分なんですが、エアレーションついでにスポンジフィルターを使うことによって簡単に濾過を追加できるのですから、使わない手はありませんね。水槽の中を水を循環させる緩やかな水流を作る効果もあります。下の動画ではスポンジフィルーに微細バブル発生器 『 清 水 』を組み合わせています。シュリンプなどにはこういった組み合わせは特に有効でしょう。


とにかくフィルター掃除(メンテナンス)が楽にできる。

極端に言うとスポンジフィルターはスポンジを取り出して飼育水で軽く洗ったり、すすぐだけでほとんどメンテナンスは終了です。投げ込み式フィルターなどと並びお手軽に、思い立ったときにメンテナンスできます。メンテナンスが簡単にできるというのは意外と重要な要素ですね。

掃除が億劫な高性能濾過フィルターを汚れたまま使い続けれるぐらいなら定期的に確実にスポンジフィルターを掃除・メンテナンスした方が良いとも考えらます。


スポンジフィルターのデメリット

さて、底面フィルターについてよいことばかりを書いてきましたが実は気をつけなければいけないデメリットもありますので確実に覚えておきましょう。

エアポンプの稼働音がうるさい!

エアポンプでエアレーションをすることにより、スポンジフィルターから水を吸い込むという一番シンプルな使い方をする場合、どうしても水槽外部にエアポンプが必要になります。うるさいというのはエアポンプのことでここは、できるだけ静かなエアポンプを探すなどするしかないでしょう。

高性能なエアポンプ選びはこちらの記事も参考にしてください。

金魚の飼育に重要なバクテリアとは?金魚と濾過バクテリアの関係を知る

2016.09.10

大きなスポンジフィルーが水槽を圧迫する

スポンジフィルターはシンプルなシステムですが、むき出しの大きなスポンジが水槽のなかでは目立ち圧迫感を与えます。やはり、外部フィルターや外掛けフィルターなどに比べると水槽の中で目立ってしまう、水槽の景観を損ねますがそれは我慢するしかないでしょう。

他の濾過方式と比べると濾過能力が高い方ではない

とても簡単な仕組みを考えると十分に濾過能力はありますが、外部フィルター、底面フィルター、上部フィルター、外掛けフィルターなどに比べると、濾過能力は劣るでしょう。これはどうしても濾材であるスポンジの大きさに限界があることや、スポンジフィルターだけではほかの濾材を組み合わることができない為です。

小さな水槽ならスポンジフィルターでことたりることもありますが、大型の水槽などになると明らかに濾過能力が不足しますので、補助用のサブフィルターとして使用されていることのほうが多いでしょう。単純な濾過能力や使い方は、水作などの投げ込み式フィルターとにたような感じとも言えますね。

投げ込み式フィルターについてははこちらの記事も参考にしてください。

金魚飼育の定番!投げ込み式フィルター役割

2016.08.26

おすすめのスポンジフィルターは?

さて、スポンジフィルターといっても実は各メーカーからいろいろな形状のものが発売されています。その中でも評判のいいものをいくつか紹介してみます。

テトラ スポンジフィルター

まずは、テトラ社のスポンジフィルターです。スポンジフィルターの中でもこのブリラントフィルタービリーフィルターは定番中の定番とも言えるでしょう。落ち着いた外観と細かい目のスポンジでシュリンプを飼育している人にもよく愛用されています。稚魚用の水槽に使用するのもいいですね。


懐古堂 スポンジフィルター

懐古堂さんのスポンジフィルターは、特に金魚飼育が目的の人にはおすすめで、また知名度・人気も高いのではないでしょうか。そもそも懐古堂さん自体が金魚屋さんなので金魚飼育をする人は検討してみと良いでしょう。特徴として、金魚向けということもあり、スポンジが大きく濾過能力が高いものが多いです。反面、大きさがある為、小さな熱帯魚用にというような用途ではフィルター自体に存在感がありすぎるものが多いでしょう。
懐古堂の商品を楽天でみてみる


lss スポンジ フィルター

lssスポンジフィルターも懐古堂さんのようにたくさんの種類があります。有名どころのメーカーに比べてもスポンジフィルターの種類が多く、利用者もたくさんいる人気のスポンジフィルターです。ぜひ、お好みのフィルターを探してみてください。大型魚にぴったりなものなどいろんなものが見つかりますよ。

lssの商品を楽天でみてみる

lssスポンジフィルターをアマゾンでみてみる


エーハイム スポンジプレフィルター

最後にエーハイムさんからスポンジプレフィルターです。こちらは、定番の外部フィルターの吸水口に取りつけて使うものです。エーハイムの外部フィルターを使用している方はぜひ、使ってみましょう。外部フィルターのメンテナンスまでの間隔が伸ばせますし、単純に濾過槽がひとつ増えますので濾過能力のアップももちろん期待できます。稚魚や稚エビの吸い込み防止にもいいですね。

シンプルなのに奥が深いスポンジフィルターの仕組みや使い方:まとめ

いかがでしたでしょうか。アクアリウム歴が深い人でも浅い人でも、たかがスポンジフィルター、されどスポンジフィルターです。小型水槽のメインの濾過フィルターとして、大型水槽の補助的な濾過フィルターとしてシンプルですがとても奥が深い濾過フィルターです。

皆さんも自分の用途に合ったスポンジフィルターを探してみませんか?(^^♪

スポンサード




金魚の書い始め特集アマゾン:金魚飼い始め特集を見てみる




スポンジフィルター

役に立ったらシェアしてね!